重要!高血圧の人がお弁当選びする際の注意点

2018年6月22日

 

・コンビニやスーパーのお弁当について

高血圧の予防や改善に食事管理は非常に大切です。多くの人が頭では分かってはいると思いますが、忙しくてコンビニやスーパーのお弁当ばかり食べているという人も多いのではないでしょうか。

日々忙しい人にとって、コンビニやスーパーのお弁当は非常にありがたい存在ですが、コンビニのスーパーやお弁当ばかり食べていると栄養バランスが偏ってしまったり、塩分を過剰摂取してしまいがちです。

できるだけコンビニやスーパーのお弁当を控えて、自分で栄養バランスや塩分量を考えてお弁当をつくったり、自炊したものを食べることがおすすめですが、そんな時間がないという人や、一人暮らしで料理もほとんどしないという人もいると思います。

そういった人でコンビニやスーパーでお弁当を選ぶときに自分が好きなものを適当に選んでいるという人は高血圧の原因とならないために注意すべきことがあります。

 

 

・コンビニやスーパーのお弁当を選ぶ際の注意点

高血圧の改善や予防をしている人がコンビニやスーパーのお弁当を選ぶ際には、まずカロリーや塩分量をチェックすることが大切です。

カロリーや塩分量をチェックしたら、できるだけカロリーの低いお弁当、塩分量が少ないお弁当を選ぶようにする習慣をつけましょう。

またお弁当だけでは栄養バランスが偏ってしまうので、サラダなど1品加えてバランスをとることも大切です。お弁当とお菓子をセットで買っているという人はお菓子の代わりにサラダにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

・お弁当の宅配サービスを利用する

これまでコンビニやスーパーのお弁当のカロリーや塩分量をチェックしたことがないという人が、お弁当のカロリーや塩分量をチェックしてみると、予想以上にカロリーや塩分量が多いことが分かると思います。

だからといって、自分で自炊をして食事管理していくのは大変だという人はお弁当の宅配サービスを利用してみるというのも一つの方法です。

お弁当の宅配サービスのなかには高血圧などを予防している人やお年寄りの方のために、管理栄養士によって栄養バランスが考えられて、塩分コントロールされたお弁当を宅配してくれるところもたくさんあります。

そういったお弁当の宅配サービスを利用することで、毎日献立を考えることなくカロリーや塩分を調整した食事を摂ることができるようになるというメリットがあります。

また、今後自分が食事を作る際の参考にするために短期間お弁当の宅配サービスを利用してみるというのも良い方法だと思います。

 

 

徹底解説!お菓子やおやつが高血圧につながる意外な理由とは?

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。