高血圧にはアーモンドがおすすめ!その驚きの効果とは?

2018年6月21日

 

・アーモンドの栄養成分について

 

最近、アーモンドの健康効果が注目されるようになってきています。

 

アーモンドにはビタミンE、亜鉛、鉄、ポリフェノール、オレイン酸、マグネシウム、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。どれも多くの日本人が普段の食生活では不足しがちな成分ばかりです。

 

アーモンドの豊富な栄養素を効率よく摂取することで、特に注目されているのがアンチエイジングです。

 

ビタミンEやポリフェノールには抗酸化作用がありますし、この二つの栄養素を一緒に摂取することによって相乗効果でアンチエイジングだけではなく、癌の予防にもつながることが期待できることも注目されています。

 

その他にもダイエット効果や便秘解消、美肌効果なども期待されています。

 


・アーモンドと血圧との関係性

 

アーモンドで豊富な栄養素を摂取することで高血圧の改善効果も期待することができます。

 

先ほど紹介した豊富な栄養素によって、血管の弛緩効果や、コレステロールの酸化の予防、血液サラサラ効果などが期待することができます。こういった効果によって血液の流れがよくなり、高血圧の予防や改善につながることが期待することができます。

 

高血圧の予防や改善のために食生活の見直しは欠かすことができません。間食でお菓子などをたくさん食べてしまっているという習慣がある人は、お菓子などを控える代わりにアーモンドを食べる習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 


・アーモンドの食べすぎに注意

 

アーモンドを食べることで高血圧の予防につながることが期待できるからといって食べ過ぎるのはよくありません。

 

アーモンドは1粒6カロリーになります。アーモンドは手軽に摂取することができるのでテレビをみたり、おしゃべりに夢中になっているうちについつい食べ過ぎてしまったという経験がある人もたくさんいると思いますが、食べ過ぎてしまうとカロリーの摂りすぎになってしまいます。

 

また、食物繊維が豊富なので過剰摂取すると下痢にもつながってしまいます。

 

アーモンドの一日の摂取量としては25粒くらいまでにとどめておいた方がよいでしょう。また、25粒以内であっても、一気に食べるのではなく複数回に分けて食べることをおすすめします。

 

ついつい食べ過ぎてしまうということがないように最初から食べる分だけ別の容器に移し替えておくと食べすぎを防止することができるので、食べ過ぎてしまうという人はそういった工夫も行っていきましょう。

 

 

徹底解説!お菓子やおやつが高血圧につながる意外な理由とは?

 

 

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。