徹底解説!お菓子やおやつが高血圧につながる意外な理由とは?

2018年6月14日

 

・カロリーの過剰摂取に注意

 

高血圧の改善や予防で食生活に注意している人はたくさんいると思いますが、高血圧の食事管理というと塩分の摂りすぎに注意するというイメージが強い人も多いと思います。

 

塩分を過剰摂取することで血液内のナトリウムの濃度が上がってしまうと血圧が高くなる原因となるので、塩分の過剰摂取に気をつける必要があるのは間違いありません。しかし、高血圧の改善や予防として食事管理する際には塩分の過剰摂取に気をつけるだけでは不十分です。

 

高血圧の予防や改善を目指していくためにはカロリーの過剰摂取にも気を配っていくことも大切です。皆さんはしっかりとカロリーの管理ができているでしょうか。

 

 

・カロリーの過剰摂取と高血圧との関係性

 

カロリーの過剰摂取が続くと肥満につながってしまいます。

 

肥満になると、血糖値を下げるインスリンが利きにくくなってしまい、血糖値があがってしまいます。血糖値があがってしまうと体はインスリンが不足していると思って、さらにインスリンを分泌するので血中内のインスリンの量が多くなります。

 

血中内で多くなったインスリンは塩分の成分であるナトリウムを再吸収してしまい、ナトリウムの濃度があがってしまいます。そうなると体は濃くなったナトリウムを薄めるために血管内に水分を溜め込もうとします。その結果、血圧が上がってしまうのです。

 

 

こちらのサイトもおすすめです ↓ ↓ ↓

荒木式高血圧改善プログラムの評判・口コミについて暴露!

 

 

 

・お菓子やおやつは控えよう

 

カロリーの過剰摂取が高血圧につながることを紹介しましたが、カロリーの過剰摂取の大きな原因となるのがお菓子やおやつです。

 

特に甘いお菓子をおやつとして食べるのが好きだという人は気をつける必要があります。また、スナック菓子も揚げてから時間が経っているので酸化した油を摂取することになるので、血液の状態の悪化につながってしまいます。

 

3食の食事をしっかり摂って、お菓子やおやつは食べないようにするというのが理想ですが、これまでお菓子が大好きでたくさん食べていたという人にとってはいきなりおやつ禁止と言われても辛すぎるという人もたくさんいると思います。

 

そういった人は1日のカロリーを80カロリーから160カロリーくらいまでに抑えてお菓子やおやつを食べるようにしてみることをおすすめします。

 

1個たべるとカロリーオーバーしてしまうというお菓子の場合は、半分だけ食べるようにしたり、食べ過ぎてしまったなという場合は次の日はおやつを控えるなど、自分で調整してたべるようにしましょう。

 

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。